脳窓全開ブログ

どうでもいいことにムキになりながら無駄に熱く長く書きなぐる日記帳ウェブログ。毎日更新!

    ●今日お誕生日の楽曲
    1992年5月27日(27年前):観月ありさ - TOO SHY SHY BOY!(4th SINGLE)
    1998年5月27日(21年前):モーニング娘。 - サマーナイトタウン(2nd SINGLE)
    観月ありさは「小室哲哉」が、娘。の方は「つんく」がということで、J-POPを代表する2大プロデューサーによる楽曲です。

    【【×年前の今日】1992年5月27日:観月ありさ - TOO SHY SHY BOY!|1998年5月27日:モーニング娘。 - サマーナイトタウン】の続きを読む ■EDIT

    81BPdKSxdgL._SS500_
    倖田來未 - LOVE&HONEY(11th SINGLE)
    2004年5月26日リリース
    • 庵野秀明監督、佐藤江梨子主演の映画「実写版キューティーハニー」の主題歌
    • 7th SINGLE「real Emotion/1000の言葉」に続いて2度目となるオリコンのシングルチャートで10位以内を記録
    • この曲がきっかけで「エロカワ」路線に走るようになる
    15年前の今日リリース。

    ほんと毎回書いてるんですが、2000年代のリリースって感覚的には「つい5~6年前」くらいの感覚だから、こっちのほうが時の流れを感じてしまうんですよねw これが15年前ってのがマジで信じられない。

    で、アンチが多いことで有名な倖田來未さんですが、ぼくは少なくとも音楽的には嫌いではなく、むしろ好きな方でしたね。でも、思えばこの曲がある種のピークだったのかなとも思ってる。

    というのも、上記のメモとしても書いてますけど、この曲を境にブレイクし始めて、しかもその時打ち出した路線が「エロカワ」じゃないですか。

    でも、ギリこの曲で打ち出してた「エロさ」って、まださり気ない感じだったから良かったと思うんですけど、これ以降でそのエロさが評判になっちゃったもんだから、調子に乗ってガンガンエロい感じを出してきたじゃないですか。あれが良くなかったと思うんですよね。

    だってあれ、最早「エロカワ」じゃなくて「ただのビッチ」ですしね。

    「エロカワ」って言うからにはエロく「見せる」のではなくエロく「見える」というふうにしないとダメだと思うんですよね。じゃないと、女性受けはしても男性が「おえっ」ってなっちゃう。

    「どうよどうよ!こういうの好きっしょ!」って感じでグイグイ谷間を見せられるより、本人の意図とは裏腹に「見えちゃってる」っていう方に男は興奮するわけですよ。

    要は「本人はそんなつもりじゃないのに、エロく見えちゃってる」というのが最高にエロくていいわけじゃないですか。

    それを、あんな「元がビッチ感の強い女性」がこれみよがしにエロ強調しといて「エロカワ」って、いや「カワ」つけりゃなんでもマイルドに出来ると思うなよ!って話じゃないですかw

    ということで、曲全然関係ない「エロカワとは何か」について熱く語りすぎちゃったんで、曲については「続きを読む」にてどうぞ。


    【【×年前の今日】2004年5月26日:倖田來未 - LOVE&HONEY(11th SINGLE)】の続きを読む ■EDIT

    オーガニックス・バイ・レッドブル シンプリーコーラ×24本
    レッドブル・ジャパン
    売り上げランキング: 47,933

    微妙。
    控えめに言って「出来損ないのドクターペッパー」みたいな味。

    【【コンビニ:炭酸飲料】ORGANICS Simply Cola by RED BULL】の続きを読む ■EDIT


    King Gnu - The hole

    なんなんだこのPV。クオリティが高すぎやしないか。

    楽曲そのものは今風な所謂ロキノン系っていうんですかね?ぼくはそこまで好みのタイプではないんだけど、映画のようなPVに鷲掴みにされて最後まで見させられてしまった。

    【映画のようなPVに視線と時間を奪われた~King Gnu - The hole】の続きを読む ■EDIT




    ふつう。
    何ていうか、至って普通のかた焼きそばであり、それ以上でも以下でもなかった。

    ただ、値段が「¥385(税別)」なので、税込みだと「¥415」もするのはいかがなものかと。まあ、コスト的なことを考えるなら妥当なのかもしれませんけど。

    【【コンビニ:皿うどん】ペヤング 中華風そのまま皿うどん】の続きを読む ■EDIT

    スネア (立東舎文庫)
    高橋 まこと
    立東舎
    2017-08-21



    超面白かった。

    BOØWYというと、兎角「氷室京介」および「布袋寅泰」の方にクローズアップされがちなだけに、ベーシストの「松井常松」及び、ドラマーの「高橋まこと」についてはなかなか知る機会がないので、それだけでも読む価値はあると思う。

    バンド最年長者でもある彼の視点からの、BOØWY時代のエピソードはどれも非常に興味深くて、非常に面白かった。

    文庫版はページ数が300Pを超えていることもあり、非常に読み応えもあるので、BOØWY及び氷室・布袋のファンであれば必読の1冊と言っていいでしょう。

    【スネア - 高橋まこと】の続きを読む ■EDIT

    71KUv3lFMEL._SL1000_
    IMAGE(メジャーデビューアルバム ※通算2枚目)
    1992年5月21日リリース

    収録曲

     1. CALL FOR LOVE
     2. Déjàvu
     3. MECHANICAL DANCE
     4. WALL
     5. Image
     6. SEARCH FOR REASON
     7. IMITATION
     8. VAMPIRE’S TALK
     9. SYMPTOM
     10. IN MIND
     11. MOON
     12. WISH
    27年前の今日リリース。


    【【×年前の今日】1992年5月21日:LUNA SEA - IMAGE(メジャーデビューアルバム)】の続きを読む ■EDIT


    布袋寅泰 - 「Thanks a Lot」

    先日「気になるニュース」で「布袋さんの曲に、松井常松さんと高橋まことさんが参加した曲」というものについて取り上げたわけだけど、こちらがその例の楽曲。

    楽曲は、GUITARHYTHM1 に収録されていた「GLORIOUS DAYS」近いなというのが第一印象。でも温度感だとか、ビート感・ドライブ感ということで言うと、GUITARHYTHM3~4の頃の楽曲群に非常に近い気がした。

    具体的な楽曲例でいうと、「DIVING WITH MY CAR」、「LONELY★WILD」、「サレンダー」、「さらば青春の光」あたり。

    松井・高橋の両名がレコーディングに参加することが先に決まってたからこういう曲になったのか、この曲が二人を呼び寄せたのかはわからないけど、正に「GUITARHYTHMにおける原点回帰」とも解釈できるような、そんな曲だと思う。PVもすごくかっこいい。

    最近、めっきり布袋さんの曲を聞かなくなってしまったので、もっかい改めてGUITARHYTHMシリーズを聞き直してみようかなあ。

    ※関連過去ログ
     http://blogrider.tokyo/archives/18314075.html

    今あらためて読み返してみたら、肝心のこの楽曲のことについて全く触れられてなかったw
    ■EDIT


    LUNA SEA「宇宙の詩 ~Higher and Higher~」MV(ショートVer)

    結成30周年を迎えるその記念すべき日に、約3年ぶりとなるニューシングルだそうで、LUNA SEAとしては珍しい、アニメのタイアップ。

    ※まあ、言いつつ現時点での最新アルバムである「LUV」に収録されている「LIMIT」もアニメタイアップではあったけど、そもそもタイアップがそんなに多くないLUNA SEAの中での「アニメ」との絡みは少ない方ではないかと。

    で、そのアニメってのが「機動戦士ガンダム THE ORIGIN 前夜 赤い彗星」ということで、まさかのガンダムですよ。

    先日、アニメ「ソードアート・オンライン2」のレビュー後に「機動戦士ガンダム(ファーストガンダム)」を最初から見てみると書いたばかりで、自分的には実にタイムリー。そういうこともあって、THE ORIGINの方にも俄然興味が湧いてきた。

    ※実際今、ファーストガンダムを第1話から見てる。

    で、肝心の楽曲についてなんだけど、宇宙の星のキラメキを思わせるような、イントロのキラキラした付点8分ディレイのアルペジオで、一聴してSUGIZO原曲だとわかる。

    ただ、サビとAメロ及び曲全体の雰囲気なんかは、現時点での最新アルバム「LUV」に収録されている「BLACK AND BLUE」に非常に近い雰囲気があって、非常にいい曲ではあるんだけど、「ああ、またその感じか」という感が否めない。

     http://blogrider.tokyo/archives/16753652.html

    やはり、このアルバムの延長にある感じは否めないので、楽曲そのものは非常に美しくていい曲なんだけど、壮大になりすぎているきらいがあって、個人的にはもうちょい荒々しさというかワイルドさが欲しかったところ。

    とはいえ、タイトルとしても「宇宙」という世界観、ひいては「ガンダムの世界観」をかなり意識して作られているんだろうな、ということを考えると、これはこれで十分なのかもしれない。「楽曲も含めての1つのアニメ作品」なのだろうから。

    シングルを購入する気は毛頭ないが、アニメは後々見てみようと思う。

    ■EDIT




    ふつう。

    何が普通って、ノーマルのペヤングに金粉が加わっただけ。それ以上でも以下でもない。

    【【コンビニ:焼きそば】 ペヤング ソースやきそば 金粉入り 120g】の続きを読む ■EDIT

    このページのトップヘ