脳窓全開ブログ

どうでもいいことにムキになりながら無駄に熱く長く書きなぐる日記帳ウェブログ。毎日更新!


    Twitterのタイムラインで、LUNA SEAのアカウントがガンダムの公式をリツイートしてて知ったんだけど、なんだこれ。おれ得にも程がある。

    【LUNA SEA - BEYOND THE TIME(TM NETWORKのカバー)】の続きを読む ■EDIT

    amazon 世界最先端、最高の戦略
    成毛 眞
    ダイヤモンド社
    2018-08-09



    めちゃくちゃ面白かった。

    これはあまりにも面白すぎて、読み終わるのに時間がかかったパターン。まあ、実際にページ数も多いのだけど。

    帯の文句に「この一社さえ知ればいい」とあって、「ちょっとそれは盛り過ぎ・煽りすぎじゃないか」とも思ったが、ほんとにそのとおりだった。

    【amazon 世界最先端の戦略がわかる - 成毛眞】の続きを読む ■EDIT




    旨かった。 【【コンビニ:汁なしうどん】どん兵衛 汁なし黒カレーうどん】の続きを読む ■EDIT

    518KCnm+TvL
    氷室京介 - STAY(12th SINGLE)
    1996年6月24日リリース
    ●収録曲
    1. STAY
      作詞:松井五郎 / 作曲:氷室京介 / 編曲:氷室京介、美久月千晴
    2. MISSING PIECE
      作詞:松井五郎 / 作曲:氷室京介、佐橋佳幸
    23年前の今日リリース。

    てゆーか、このシングルのジャケってこんなんだっけ?w と思ったんだけど、よくよく考えたら、ぼくこのシングル持ってなかったですねw アルバムでしか聞いたことがない。

    因みに、この曲が収録されているアルバムは「MISSING PIECE」で、カップリングに収録されている曲。つまり、アルバムを持っていればこのシングルを買う必要などないってことです。

    だから持ってなかったんだw


    【【×年前の今日】1996年6月24日:氷室京介 - STAY(12th SINGLE)】の続きを読む ■EDIT




    旨かった。 【【スーパー:焼きそば】俺の塩 梅かつお味】の続きを読む ■EDIT

    abcbd427-d86a-4f9b-8d26-59c55f81ba59

    まあまあ旨かった。

    【【コンビニ:スイーツ】まっしろミルクのスフレ・プリン@ファミリーマート】の続きを読む ■EDIT

    71axQ2D0WBL._SX342_
    モーニング娘。 - Ambitious! 野心的でいいじゃん(30th SINGLE)
    2006年6月21日リリース

    ●参加メンバー
    • 4期:吉澤ひとみ
    • 5期:高橋愛、紺野あさ美、小川麻琴、新垣里沙
    • 6期:藤本美貴、亀井絵里、道重さゆみ、田中れいな
    • 7期:久住小春

    ●収録曲
    1.  Ambitious! 野心的でいいじゃん
      作詞:つんく、編曲:湯浅公一
    2. わたしがついてる。
      作詞:木村信司、編曲:鈴木俊介
    3. Ambitious! 野心的でいいじゃん(Instrumental)
    ●MEMO
    • 紺野あさ美(5期)、小川麻琴(5期)ラストシングル
    • 田中れいな(6期)初センター曲

    13年前の今日リリース。

    多分、ぼくがちゃんと聞いたモーニング娘の最後のシングルだと思う。てゆーか13年前のシングルで既に30枚目のシングルってすごいですね。

    【【×年前の今日】2006年6月21日:モーニング娘。 - Ambitious! 野心的でいいじゃん(30th SINGLE)】の続きを読む ■EDIT

    日清食品 焼そば U.F.O. 濃い濃いわさび 112g×12個
    日清食品 (2019-06-17)
    売り上げランキング: 27,532

    旨かった。

    コンビニでこの緑のパッケージが目に入った瞬間、「はっ…まさか…ミーゴレン!?」って思ったけど違ったので、ちょっと落胆した。

    でも「UFOのわさび」ぼくは初めてなので、即座に興味が湧き、即買いしました。

    【【コンビニ:焼きそば】U.F.O. 濃い濃いわさび】の続きを読む ■EDIT




    超面白かった。

    川原礫さんといえば、「ソードアート・オンライン」や「アクセル・ワールド」の原作者でもあるし、どっちもほぼ全巻読んできたけど、個人的にはこのシリーズが一番好きなんですよねー。所謂「能力者モノ」ってやつ。

    1巻からずっと面白かったんだけど、今作では遂に、ある目的を果たすため、敵方幹部の最強の能力者である「液化者(リキダイザー)」と手を組むというお話。

    昔から、「一時的に敵と共闘する」って言うのは、ベタですけど燃えますよね。ドラゴンボールで例えるなら、ナメック星編(フリーザ編)で、クリリン・悟飯とベジータが手を組むみたいな状況。

    これ、我ながらなかなか的確な例えだと思っていて、というのも「悟空&ベジータ」ではないんですよね。あくまで「クリリン・悟飯&ベジータ」ってところがミソ。

    要は「力量がほぼ同等なライバル同士の共闘」ではなく、「明らかに自分より強い敵との共闘」ってところもまた熱いんですよね。

    「少しでも気を緩めたら食い殺されるかもしれない」と言う緊張感の中でのこの共闘については、正にこのナメック星での彼らを思い起こさせるようなエピソードだと思った。

    また、序盤に出てきた、主人公ミノルの学校内での、連続疾病が今回のミッションと関係してくるのかと思いきや、実は関係なくて、でも終盤で新たな能力者が出てきて、それが次巻に繋がっていくという話の引っ張り方は実にうまいなと思った。

    次巻がものすごく楽しみなんだけど、でもこれ超不定期なんですよね。実際この巻も全巻から2年も開いてるし。

    次はいつリリースされることやら。気長に待ちます。
    ■EDIT


    ぼくはまあまあお笑い好きなはずなのに、M-1のことについて無駄に熱く長く書きなぐっているエントリはあれど、「お笑い動画そのもの」については殆どUPしたことがないことに気付いたので、僕の好きな動画をシェアしたいと思う。

    まあ、お笑い動画そのものを紹介しなかったのって、結局「すぐ削除されちゃうから」っていうのが一番の大きな理由だったりするんですけどね。

    【【困った時の動画シェア】フットボールアワー後藤さんのツッコミ】の続きを読む ■EDIT

    このページのトップヘ